意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。

RPFを使用することで、貯蔵も楽で、高エネルギーということはこれから世界的にも注目を集めていくのではないでしょうか。

TOP > スクラバー > 定期的にスクラバーの点検を

スクラバーの定期点検の項目

  1. 定期的にスクラバーの点検を
  2. スクラバーの導入にあたり
  3. スクラバーなしで工場は作れない
  4. アルカリ性ガスにスクラバー
  5. エステ店でも導入しているスクラバーの特徴

定期的にスクラバーの点検を

スクラバーの設置からどの程度経過しているでしょうか。スクラバーは、排気中の有害物質を除去するという性質上、常に過酷な状況下で使用されているために、劣化が起こりやすく、定期的な点検や部品交換などのメンテナンスが必要不可欠です。

点検の実施によりスクラバーの性能の回復や、耐用年数の長期化が見込まれますので、必ず実施するようにしましょう。実施内容は、目視でのチェックのほかにも、タンク内の汚染物質の清掃や除去、洗浄塔内の充填剤やフィルタの交換、排気用ファンベルトのチェック(張り直し)、ポンプの絶縁チェックなど、多くの項目にわたります。トラブル防止の観点からもぜひご検討ください。

スクラバーの導入にあたり

スクラバーと聞いて知っている人は少なく、実物を見たことがある人も少ないでしょう。スクラバーは湿式排ガス処理装置といい、化学工場などで発生する有毒なガスを除去する役目を果たしている装置のことを指しています。

昨今においては技術が発展し一般的な湿式のタイプの他にも、乾式のタイプや燃焼式のタイプなど様々な種類のものがあります。有毒なガスを無害なガスに変化する役目を担っていますので、環境汚染の点でも大きな役割を持っている装置であることがわかります。導入コストはかかりますが、長い目でみた運営をしていくことが大切です。

スクラバーなしで工場は作れない

近年は対策することが絶対に重要となり、義務付けられている面もあります。工場の排気ガスなどが悪い影響を与えることもわかっていますし、周辺の自然にも影響が出てしまいます。これまで日本では公害病も多数発生していますから、そうしたものが発生しないように取り付けるものは絶対に必要です。

スクラバーは現代ではほぼ付けるように言われています。それに近いものを付けていない場合は、工場として認められない可能性もあります。排気ガスを出すことになる工場であれば、スクラバーの設置は絶対に行ったほうがいいですし、それが安心できる要素になります。

アルカリ性ガスにスクラバー

ガスの中には、酸性とアルカリ性の2つがあり、中和しなければならない要素もあります。中和しないまま外に出してしまうと、公害病などを引き起こすものがどんどん外に出てしまい、全くいい状況になりません。

こうした状況を作らないために、スクラバーを取り付けるようにしています。ガスの中でも、アルカリ性のガスに高い効果を持っており、中和してから外に出せる仕組みとなります。スクラバーを取り付けていれば、アルカリ性のガスに対して強い効果を発揮できるメリットを持っているので、大半の工場ではこうした仕組みを採用しているのです。

エステ店でも導入しているスクラバーの特徴

家庭用美顔器として注目されているのが、スクラバーと呼ばれる超音波振動を使って毛穴の汚れを洗浄する機械です。この機械の特徴は、超音波の振動を用い水のみで毛穴汚れや角質を綺麗にできます。

機械の超音波波数により、振動数が違ってきますが、現在では家庭用の機械もエステ店などで使用されるほど、性能が良くなっているものも多いです。この一台で、ピーリング効果も期待できますが、洗顔から保湿までに使用できるのも特徴としてあげられます。化粧水を肌に塗ってから使うことで、肌への浸透力を高め有効成分を押し込むことで効果をもたらします。

スクラバーに関する記事

メニュー

意外に知らないRPF!TOP 散気管 スクラバー スクラバーの点検 介護者監視ロボット マイクロスコープ 酸性土壌の緑化 公園施設 遊具

意外に知らないRPF!サイトへのお問い合わせはこちらから。工業製品や自然環境に関するコンテンツをご紹介しています。散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、マイクロスコープ、酸性土壌の緑化、公園施設や遊具について興味のある方はこちらをご覧ください。

散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、マイクロスコープへの詳しい内容については、愛知[名古屋]・大阪・京都・兵庫[神戸]・奈良などへ多くの納品を行う各メーカー企業にご相談ください。酸性土壌の緑化、藻場再生や磯焼け対策には大阪の企業が開発したバイテクソイル工法がおすすめです。