意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。

RPFを使用することで、貯蔵も楽で、高エネルギーということはこれから世界的にも注目を集めていくのではないでしょうか。

汚泥の削減に役立つ散気管

汚泥が発生してしまうと、定期的に清掃しないといけません。そのための手間がかかるという事は人件費が必要になってきます。さらに汚泥回収費用がかかるという事も考えられます。

散気管は水質をよくするのはもちろんですが、汚泥の削減にも役立ちます。散気管を稼働させるための電力は必要になってくるかと思いますが、結果としてコストをカットする事ができるかもしれません。実際に散気管で大幅にコストカットを実現している企業もある様です。

最初、散気管の設備を導入する際に費用はかかりますが、長期的に利用する事ができ、コストの削減を望む事ができる場合もあるでしょう。長期スパンで考えた際に、散気管は多いにメリットがあるといえるかもしれないですね。

液体中に空気を送り込む散気管の構造

液体中に空気を送り込む管のことを、散気管(さんきかん)と言います。主な用途は、排水中の油やゴミを分離・回収するグリストラップ、浄化槽、化学反応層や養殖施設、ビル地下ピットの硫化水素対策、膜の洗浄、メッキ工場の散気などでの散気です。

その他、身近なところでは水生生物の水槽に入れるエアレータとして使われています。パイプにメッシュを取り付けた構造が一般的で、吐気部分には、超分子量オレフィン系樹脂やメンブレンチューブなどといった素材が用いられます。これらの素材は気泡を微細化して酸素溶解効率を高めることができるからです。

効率的に取り入れたい散気管

あらゆる化学工場などにおいて問題となるのが、排水処理に関する事柄です。汚染された伊豆を処理するためには莫大な費用が掛かることも多く、環境問題への対策も強く求められているのが現状でもあります。

排水処理を行う事ができる散気管を設置することによって、汚染水が洗浄され綺麗な水となるだけでなく、ニオイに関する根本的な原因を取り除いたり、衛生環境を保つことに繋げられたりすることも可能となります。設置環境によって特殊な装置と組み合わせる事もできるため、より効果的に使いやすいものとして、幅広く活用されています。

縁の下の力持ち「散気管」のはたらき

食堂や工場などから出される排水は水質が悪く、環境汚染につながる危険性を孕んでいます。そんな排水の水質を改善してくれるのが、散気管という装置です。散気管は、主に圧縮されたガスを気泡にする機能を持っており、水中に酸素を供給します。

これにより、プランクトンなどを活性化させ、排水の水質改善を行うことができます。環境に対してやさしいため、社内などに設置していることをアピールすることで企業イメージをアップさせることにもつながります。また、私たちの生活の身近なところでも、例えば魚などを飼う水槽に入れるエアレータにも散気管が使われています。

水槽に使用する散気菅はいくらくらい?

魚を飼いたいなと思っている人にとって必需品なのが散気菅(エアレーター)と呼ばれるものです。こちらは常に水槽の中を綺麗に保っておくための設備で、こちらを装着することによってお魚さんを健康に泳がせておくことができます。

水槽も選ぶと高価なものから、安価なものまで数多く揃っていますがエアレーターはどれくらいするものなのでしょうか?形状や、求める機能によっても価格には差が出てきますが、500-600円前後が相場と言われています。1000円弱の価格帯のものでしたら、形状がまっすぐではなくU字であったり、メッシュが細かいモノであったりとより質の高いものを選ぶことができます。

散気管に関する記事

メニュー

意外に知らないRPF!TOP 散気管 スクラバー スクラバーの点検 介護者監視ロボット マイクロスコープ 酸性土壌の緑化 公園施設 遊具

意外に知らないRPF!サイトへのお問い合わせはこちらから。工業製品や自然環境に関するコンテンツをご紹介しています。散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、マイクロスコープ、酸性土壌の緑化、公園施設や遊具について興味のある方はこちらをご覧ください。

散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、マイクロスコープへの詳しい内容については、愛知[名古屋]・大阪・京都・兵庫[神戸]・奈良などへ多くの納品を行う各メーカー企業にご相談ください。酸性土壌の緑化、藻場再生や磯焼け対策には大阪の企業が開発したバイテクソイル工法がおすすめです。