意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。

RPFを使用することで、貯蔵も楽で、高エネルギーということはこれから世界的にも注目を集めていくのではないでしょうか。

TOP > 散気管 > 導入済みの企業が多い散気管

導入済みの企業が多い散気管

個人宅においては散気管を導入して排水の処理を行うという事はほとんどないかと思いますが、やはり工場などとなれば散気管を設置しないと汚れた水が流れ出る事によって、環境の汚染などが懸念されます。

ですので、散気管はすでに導入済みの企業も多いみたいです。散気管というのは、溶剤などの排水から食品などの排水まで全く異なる種類の排水に対応する事ができるみたいです。

ただ地球環境のためというだけではなく、排水を処理しないと良くない事も多いと思いますので、排水対策が十分ではないと感じている企業の担当者は、ぜひ今からでも散気管を取り付けて、問題を解決するという事について考えてみてはどうでしょう。

排水対策に重要な散気管

散気管は、圧縮された空気を水中に送り込む装置です。こう書くと、熱帯魚を飼育する水槽のポンプのようにも見られがちですが、ある点に大きな違いがあります。それは、工場などから出る排水対策に大きな力を発揮することです。

気泡を送り込むことにより酸素を誘拐させ、それが水中の微生物を活性化させます。この働きかけにより分解能力も向上し、汚泥の除去や悪臭抑制にも繋がるのです。また、水を撹拌させる効果もありますから、より適正な環境づくりにも一役買ってくれます。散気管は今や、多くのメーカーが開発している人気製品です。実績や機能などを見比べて、最適の逸品を導入していきましょう。

散気管に関する記事

散気管の交換の必要性

散気管は、管を通して水中にガスを送るものを言います。家庭でもよく見かける、水槽に酸素を送るエアレータが一番身近ですね。メッシュを施してあるパイプを使い、吐気にはメンブレンチューブを使用します。

気泡を非常に細かくしたのち、酸素などとして放出します。選定の際には目詰まりしないことが大切です。そのためにエアー吐出口を複数にしてあるものがありますが、これではエアーの通り道が狭くなるので熱風で内部が乾き、逆に目詰まりの原因となってしまいます。散気管を決定する際には、目詰まりや交換についての知識を持った上で慎重に行いましょう。

散気管の仕組みと種類

散気管は、接触ばっ気槽などのような生物反応槽の中で、接触材に付いた生物膜に酸素を供給します。それによって、槽内が混合攪拌されるという仕組みです。酸素供給と同時に槽内撹拌もできるため、水処理対策には必須とされています。

種類としては、マイクロバブル気泡型や粗気泡型、微細気泡型などの散気管があり、年々新しいタイプが開発されています。最近では、リーズナブルでランニングコストを抑えたものが販売されています。これらをディフューザーと呼ぶことも多いです。使用することで水質管理が徹底されるので、不快な臭いもしなくなり衛生的です。

水の汚れにも対策ができる散気管

様々な工場系の企業にとって悩ましい問題として、鉱物油による水の汚れが挙げられます。汚泥の回収には莫大な費用が掛かってしまうこともあるものの、環境汚染の原因に繋がりかねません。

鉱物油の汚れにも対応している散気管の存在により、透き通るきれいな水へと変えることができます。排水処理のために必要となる経費も抑えられることで幅広く活用されており、会社経営のための重要な装置として役立てられています。環境に与える影響をより軽減させる事は、各企業団体において重大な問題でもあり、省エネに繋がる対策としても考えたいものです。

メニュー

意外に知らないRPF!TOP 散気管 スクラバー スクラバーの点検 介護者監視ロボット 酸性土壌の緑化 公園施設 遊具

意外に知らないRPF!サイトへのお問い合わせはこちらから。工業製品や自然環境に関するコンテンツをご紹介しています。散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、酸性土壌の緑化、公園施設や遊具について興味のある方はこちらをご覧ください。

散気管、スクラバー、介護者監視ロボットへの詳しい内容については、愛知[名古屋]・大阪・京都・兵庫[神戸]・奈良などへ多くの納品を行う各メーカー企業にご相談ください。酸性土壌の緑化、藻場再生や磯焼け対策には大阪の企業が開発したバイテクソイル工法がおすすめです。