意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。

RPFを使用することで、貯蔵も楽で、高エネルギーということはこれから世界的にも注目を集めていくのではないでしょうか。

TOP > 公園施設 > 公園施設の安全を守るメンテナンス

公園施設の安全を守るメンテナンス

公園施設の代表として子供たちが遊んでいる遊具が挙げられます。この遊具には、安心して遊べることを証明するために「SPマーク」が表示されています。

SPマークは設計から製造、設置までの各工程の厳しい安全基準をクリアして認定されるので、マークが表示されている遊具で事故が起きた際には損害賠償請求をとることができます。

しかし、事故が発生しないよう1年に1回以上日本公園施設業協会によって認定された専門の技術者によって定期点検を行うことが推奨されおり、点検で遊具に異常や不具合が見つかった場合には安全のため遊具のメンテナンスが行われたり、遊具そのものを取り替えることが検討されます。

公園施設や遊具に関する記事

誰でも利用できる公園施設

公園施設は年齢や性別なにも関係なく誰でも利用できる場所です。犬の散歩も出来ます。子供達が夢中になって遊びます。仕事の休憩時間に訪れ、コーヒーを飲む人もいます。

トイレがある公園にはタクシー運転手が慌てて、トイレに駆け込むこともあります。公園のベンチで本を読む人もいます。みんなでお弁当を広げてピクニックという楽しみ方もあります。

そんな誰でも利用できる公園ですが、公園施設には必ず安全であるかのメンテナンスが必要です。メンテナンスを行わないと、事故が起こることもあります。誰もがみんな安全で安心に過ごせる公園でないといけません。

避難場所となる公園施設

ただ運動をするという場所でなく、公園施設は時として避難所になる事もあります。公園施設に避難する事で、多くの人を収容する事ができます。

また、公園施設によってはトイレが設置されていたり、水道を利用できる事もありますので便利です。公園施設は、広い場所が多く、安全を確保しやすいという点においても優れているでしょう。

また、公園施設によっては、災害時に避難するのに適した環境が整えられている所もある様です。自宅から近くにある場所で、災害時に利用する施設については、普段から確認しておく事が大事です。家族がいれば、共有する事で、いざという場合にも慌てる事なく、対応する事ができるでしょう。

メニュー

意外に知らないRPF!TOP 散気管 スクラバー スクラバーの点検 介護者監視ロボット 酸性土壌の緑化 公園施設 遊具

意外に知らないRPF!サイトへのお問い合わせはこちらから。工業製品や自然環境に関するコンテンツをご紹介しています。散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、酸性土壌の緑化、公園施設や遊具について興味のある方はこちらをご覧ください。

散気管、スクラバー、介護者監視ロボットへの詳しい内容については、愛知[名古屋]・大阪・京都・兵庫[神戸]・奈良などへ多くの納品を行う各メーカー企業にご相談ください。酸性土壌の緑化、藻場再生や磯焼け対策には大阪の企業が開発したバイテクソイル工法がおすすめです。