意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。

RPFを使用することで、貯蔵も楽で、高エネルギーということはこれから世界的にも注目を集めていくのではないでしょうか。

TOP > 散気管

散気管の項目

  1. ホテルでも使われている散気管
  2. 散気管は水槽で活躍しています
  3. 散気管の特徴と使用用途
  4. 散気管の機能と重要性
  5. 悪臭、害虫が予防できる散気管
  6. 散気管を購入する際のポイント
  7. 散気管の取り扱いについて

ホテルでも使われている散気管

ホテルは宿泊できる施設だけでなく、レストランがあったり、宿泊客のための大きな厨房が設置されていたりして、毎日調理が行われてます。

そのため、厨房はフル稼働になってしまう事もあるみたいですね。調理をすると、排水が出ますので散気管が使われている事が多い様です。

排水は臭いが気になる事も多いですが、顧客がいる場所に臭いが伝わってはいけませんので、散気管を通すなどして、排水の管理を徹底している所が多い様です。

高機能な散気管を導入している事も珍しくない様です。散気管のおかげで、ホテルは無事に業務ができるといえる部分もあるのではないでしょうか。散気管は私たちの知らない所で仕事を支えているのかもしれないですね。

散気管は水槽で活躍しています

散気管は、液体の中にガスを放出する管で、水中に酸素供給や槽内撹拌を目的にすることがあります。身近なものに水槽に入れるエアレータがあります。散気管は主に水槽などに利用されるのは、圧縮した空気を気泡として撹拌することで水中の酸素濃度を高めることができます。

水槽に利用する場合は、微生物の代謝を促進し水の浄化を効率よくすることができるためで、目詰まりすることもあるため定期的なメンテナンスも必要になります。また、工場などから発生する大量の排水にも対応でき、嫌なニオイなどのもとが排水である場合、取付けることで嫌なニオイに悩むことが少なくなります。

散気管に関する記事

散気管の特徴と使用用途

散気管は、液体中にガスを放出する管のことです。塩ビ管を使うことで自由な長さの高性能散気管が作れます。また、表面のメンブレン交換だけに対応しており、交換費用を安く抑えることができます。

そして、曝気用塩ビ管にこの商品を被せて両端をホースバンドで留めるだけで塩ビ管を超微細気泡散気管に変えることができ、溶解効率を大幅に向上させることができるのも大きな魅力です。興味を持たれた方は是非、この商品を購入してみてはいかがでしょうか。

散気管の機能と重要性

散気管は別名ディフューザーともいい、水中で泡を発生させるものです。汚泥などの内部で細かな泡を発生させることで、酸素を送り込みます。そうすることで、つまりなどを防止します。工業的な使用では、アルミニウムの表面処理であるアルマイト処理の液槽の撹拌や、メッキの際の溶液撹拌などにも使用されています。

また、最近では散気管マイクロバブルを発生させるものもあります。マイクロバブルのディフューザーは、高い洗浄機能があります。マイクロバブルの場合は、小さな泡が水中を長時間存在することで、他の物質を泡が取り込むために高い洗浄効果を発揮します。

悪臭、害虫が予防できる散気管

排水処理対策として活用されている散気管は、工場や廃棄処理施設などでも取り入れられています。これによって、汚水がきれいになり悪臭が抑えられるため、害虫などが寄り付かなくなるといいます。

散気管によってつくられる気泡によって浄化されるしくみで、家庭用の水槽で使われているエアーポンプと同じ原理です。この装置が発生させる気泡によって、周囲の酸素濃度が高められ、微生物が活発に働き浄化能力が増すことになるのです。また下水処理に使われるため、厨房など排水量が多い場合も活躍します。これによって周囲への悪臭も防ぐことができます。

散気管を購入する際のポイント

散気管においては、工場などで排出された汚水を浄化するために、槽内に生息する微生物に空気をおくっている重要な装置になります。散気管と別に設置されている、エアーのポンプに接続されています。

一般的な家庭の場合は、40リットルから80リットルの容量が平均といわれています。菅に対してはポンプの大きさによって状況が変わってきます。小さい場合には内部での泡の発生が中途半端になりますし、大きい場合においても生息する微生物達が対流に流され、定着することができないでしょう。しっかりと内容を確認し購入することが大切です。

散気管の取り扱いについて

昨今においては日本だけではなく、世界においても廃棄物や下水などの処理施設で、散気管が盛んに使われるようになっています。日本のメーカーでは細かな気泡などのアピールがされています。しかしながら、しっかりとしたメンテナンスや定期に交換することなどが、必要とされてくるケースも多いと言えます。

さまざまなメーカーがありますので、製品を選ぶ場合には迷ってしまうこともあるでしょう。そのような場合には、実績や経験を積んでいるメーカーに依頼すれば間違いはないでしょうし、取り入れている工場などを見学に行くのもいいでしょう。

メニュー

意外に知らないRPF!TOP 散気管 スクラバー スクラバーの点検 介護者監視ロボット 酸性土壌の緑化 公園施設 遊具

意外に知らないRPF!サイトへのお問い合わせはこちらから。工業製品や自然環境に関するコンテンツをご紹介しています。散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、酸性土壌の緑化、公園施設や遊具について興味のある方はこちらをご覧ください。

散気管、スクラバー、介護者監視ロボットへの詳しい内容については、愛知[名古屋]・大阪・京都・兵庫[神戸]・奈良などへ多くの納品を行う各メーカー企業にご相談ください。酸性土壌の緑化、藻場再生や磯焼け対策には大阪の企業が開発したバイテクソイル工法がおすすめです。