意外に知らないRPF!注目を集めている新しい固形燃料です。

RPFを使用することで、貯蔵も楽で、高エネルギーということはこれから世界的にも注目を集めていくのではないでしょうか。

TOP > 散気管 > 散気管は食品加工工場で重要

散気管は食品加工工場で重要

全国に食品加工工場はたくさんありますが、排水がたくさん出てしまう事も多い様です。食品に関する排水というのは腐敗の恐れなども考えられます。

排水をきれいな状態にするために散気管が使われている事が多い様です。散気管は汚れた水を高速で巻き上げていきます。そして、散気管の内部で激しく衝突させる事で、気泡がたくさん発生します。

そうする事で、微生物による分解が活発になり、水はきれいになります。散気管は水がきれいになるのみならず、沈殿物が発生しにくくなったり、もしくは悪臭をカットする事も行ってくれます。本当にありがたい存在ですね。散気管がなくては仕事ができない、という会社はきっと多いでしょう。

身近にも見かける散気管

散気管は、液体中にガスを放出する管のことを指します。熱帯魚を飼っている水槽などに入ったエアレータを見たことが、皆さんもあるでしょう。あんな風に、空気を細かい気泡にして吹き出す装置を散気管と呼びます。

魚のような生物や微生物などの動きを活発化させることができます。一般的なものはパイプにメッシュを取付けた構造で、吐気部分の素材は超分子量オレフィン系樹脂やメンブレンチューブが用いられることが多いです。気泡を微細にすることで酸素溶解効率を高める装置ですが、同時に気泡を送り込むことで槽内が混合・かく拌します。浄化槽などに用いられることもあります。

散気管は過去の問題から生まれた

過去の事例で、汚染水の問題が深刻的な病気となり、対策を取ることが徹底されました。そこで散気管を使っている会社が多くなり、汚染水の排出、そして空気などを汚さない工夫をしています。多くの公害病とされたものは、汚染水が排水されたことで起きています。

現代は規制が加えられており、対策をしないまま工場を稼働させるのはできません。対策を考えて行えるのはいいですし、気軽にできる方法として多く使われています。取り付ける方法も簡単で、入れるだけで一気に変わる要素も持ちます。より開発が進んだことで、かなり汚染を減らせる良さも出ています。

代謝や生物分解を高める散気管の技術

散気管は、液体中にガスを放出する管のことを言います。身近な例では、水槽の中に魚を飼っている場合に、エアーポンプを設置します。そのイメージです。圧縮空気を気泡にする装置です。これによって、活性汚泥や付着した生物類に酸素が供給されるとともに槽内が混合攪拌されます。

用途としては、養殖場・活魚・熱帯魚の散気装置や浄化槽や排水処理場、大型浄化槽などの気液混合、攪拌用に使われます。省エネ技術として高い酸素溶解効率と強力な攪拌機能が注目を浴びています。散気管で酸素を内に行き渡されることで、微生物の呼吸をサポートして代謝及び生物分解能力を最大限までに引き上げてくれます。

水処理対策には散気管

散気管は液体中のガスを噴出する管のことで、パイプにメッシュを取り付けた構造が一般的で主として浄化槽に使われています。散気管を使うことで工場等が発生する大量な排水にも対応していて、衛生管理を徹底することもできますし、匂いに悩まされることもありません。

これを付けることで清潔な環境を保つことができるので、害虫の発生を防ぐこともできます。圧縮空気を気泡にするので、用いることができない環境もあるので用途に合わせたものを使う必要があります。区別して使用することでより効果を高めることができます。接続用の継ぎ手等も気をつけて選ばないとうまく接続できないこともありますので、注意してください。

散気管に関する記事

メニュー

意外に知らないRPF!TOP 散気管 スクラバー スクラバーの点検 介護者監視ロボット マイクロスコープ 酸性土壌の緑化 公園施設 遊具

意外に知らないRPF!サイトへのお問い合わせはこちらから。工業製品や自然環境に関するコンテンツをご紹介しています。散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、マイクロスコープ、酸性土壌の緑化、公園施設や遊具について興味のある方はこちらをご覧ください。

散気管、スクラバー、介護者監視ロボット、マイクロスコープへの詳しい内容については、愛知[名古屋]・大阪・京都・兵庫[神戸]・奈良などへ多くの納品を行う各メーカー企業にご相談ください。酸性土壌の緑化、藻場再生や磯焼け対策には大阪の企業が開発したバイテクソイル工法がおすすめです。